【満員御礼】東京ライフハック研究会 タスク管理分科会Vol3を1/23(日)に開催します


スタッフのヨシナです。

ライフハックの中でも極めて実用的な部類に入る「タスク管理」、この勉強会は仕事やプライベートで成果を上げるための方法、失敗しがちなポイント、そして実践方法やツールなど、これらに注目し参加者同士楽しく情報共有できる場です。

Vol3のテーマは、「年間目標をたてよう!」です。

こんな方にオススメです。
・年間目標を集中して立てられる環境・時間を確保したい
・周りの方の年間目標プロセスを参考にしたい
・GTD仲間とノウハウを共有したい

■ゲストスピーカーに東京ライフハック研究会主宰の北真也さん
■参加者同士で学び合えるグループワーク
■参加者全員にRHODIAをプレゼント
※詳しい内容は告知ページ(只今満席です)をご覧ください。

グループワークの時間は参加者のみなさん全員集中して「ひらすら」頭の中を空にする作業を行います。この作業では、トリガーリストと呼ばれている「きっかけ」を作りやすくするリストを使います。私たちスタッフが厳選したお手製のリストです。少しだけ中身を見てみましょう!

・あなたが将来なりたい姿のイメージは浮かびますか?
・あなたが現在気にかけている事は何ですか?
・あなたはどんなときに誇りや喜びを感じますか?
・今楽しいことをもっと楽しくするには何が必要でしょうか?
・今つまらないことをやめるには何を決断すればよいでしょうか?
・初詣で祈願したことは何ですか?
・健康の上で気になっていることや、やりたい運動がありますか?
・捨てたい習慣、加えたい習慣はありますか?
・いまはまだ根づいていない習慣のうち、定着させたいマストな習慣とは?

普段なら目を背けてしまいそうな質問もあるかもしれません。決断するにはストレスがかかるかもしれまません。でも当日は自分の中身を素直に出しきってみましょう。お気に入りのペンとRHODIA(メモ帳)、そして参加者全員で創りだすいい感じの緊張感、これらが合わさればきっと見逃していた何かが出てくるに違いありません。この作業は30分の時間をかけて行います。もちろん私たちスタッフも一緒に参加しますよ。

30分後、そこには何枚のRHODIAがあるでしょうか? すぐに片付けられそうなものもあれば、遠くて叶いそうもない夢もあるかもしれません。これらを整理して、年間目標に値する重要なものを探しだします。そして参加者同士で共有します。となりの方の年間目標を聞けるなんて機会はめったにないと思います。参加者同士お互いを高め合う良い機会になれば、と思います。

では、当日を楽しみにしてお待ちしております。

カテゴリー: 勉強会 | 2件のコメント

2010年最後に東京ライフハック研究会Vol4は大盛況!

皆様こんにちは。東京ライフハック研究会スタッフのSayobs(Ray Matayoshi)です。

Ray Matayoshi

2010年の締めくくり

今回は47名の方にご参加頂きました。Twitterハッシュタグは#tokyohack004

今回のテーマは手帳。

北さん(@beck1240)による開会の挨拶。

北真也

大人数集まってので、北さん気合いが入ってます!

自己紹介タイム

初めてのご参加者が多い中、緊張の自己紹介タイム。

しかし、いざ自己紹介が始まれば、みなさんあっという間に打ち解けられました。

立花さん講演

前回LT大好評だった立花さんの講演。

立花さん 講演

自己紹介から25kg太っていた立花さんの写真を見て皆さん大驚きでした。立花さんと言えば継続力。

  • ブログ No Second Life
  • Mac歴16年
  • ランニング毎日続けている。(1年以上1日も欠かさず続けている。475日連続でランニングを続けている。(2010/12/19現在)
  • 最近板橋リバーサイドマラソン完走されました。

手帳とは何か?

沢山の紙の手帳を試したが、どれもしっくりこなかった。それから自宅と会社のパソコンでタスク、スケジュールの同期。

リング式の罫線がなしノートを愛用。

罫線がないと図を書きやすい。罫線があると、それに沿って書いてしまうのが良くない。

『あなたの手帳には何が書いてありますか?』

  • 夢を目標に変えるツール。
  • 手帳には夢を書こう。
  • 夢を書いて成功し、幸せになろう。

成功ってなんだ?

立花さんの成功の定義

人生の6本の柱で夢を叶える。6本すべてコントロールできている状態。

健康 財産 趣味 教養 仕事 家族

バランスが大事。6つが揃って成功。

幸せとは?

「成功」を大切な人と共有できている状態。

夢を書く

日付を入れる。

より夢が現実化する。

立花さんのレポートは→東京ライフハック研究会Vol.4 大盛況でした! [Event] [Lifehack] #tokyohack004 | No Second Life

ワーク

テーマは「架空の新商品プレゼン大会」です。スタッフの私も当日までワークの内容を知らされていなかったのですが、このワークは本当に大盛り上がりでした。どのチームのプレゼンも本当に素晴らしかったです。

そんな中1位に輝いたのは↓

1位

商品名モレスキン3G

ペンを選ばずノートを選ばず。

moleskine3gLT

4人の方にLTをやってくださいました。こちも大盛り上がりでした。ワークで皆さん体が暖まっていたので、質問が沢山出て本当に良いLTでした。

杏珠・杏珠さんー開くたびにニヤニヤできる手帳を作る~3つのチカラがあなたをサポート~
・田中さんーTanakamp的手帳術~使う前に書く!~
・ヨシナさんーヨシナのデジアナ手帳術~自己管理に革命を起こそう
・齋藤さんー飽きっぽい人のための続ける手帳ハック

Vol4にご参加してくださった方のブログレポートは↓

12/19 東京ライフハック研究会Vol.4が非常に盛り上がった件 | Hacks for Creative Life!

東京ライフハック研究会Vol.4 大盛況でした! [Event] [Lifehack] #tokyohack004 | No Second Life

masay@劇場 : 東京ライフハック研究会Vol4(#tokyohack004)に参加してこれからやることをまとめてみた

masay@劇場 : 東京ライフハック研究会vol.4まとめ、実践したいこと。グループワーク、LT編 #tokyohack004

日刊まつ No.36 – matubiz’s posterous

Design × Lifehack × CrossOver Lab – 【ほぼ日あんじゅ – 019】東京ライフハック研究会vol.4のちょびっと舞台裏/ヒゲを剃ったので、新しいアイコン用写真を撮影してくれる人募集この記事のはてな被ブックマーク数

[16]イロイロハックス » Blog Archive » 東京ライフハック研究会Vol.4にいってきました

東京ライフハック研究会 VOL.4 に参加してきました。 – kenjit2981の日記

東京ライフハック研究会VOL.4に行ってきた〜その壱〜 – Tanakamp的ヒトコト。

今年は東京ライフハック研究会本当にお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

それでは皆様良いお年を!

カテゴリー: 勉強会 | コメントは受け付けていません。

残り10席 東京ライフハック研究会Vol4 UPDATE情報

皆様こんにちは。東京ライフハック研究会スタッフのSayobs(Ray Matayoshi)です。

Ray Matayoshi

2010/12/16現在40名の方に申し込んで頂きました。ありがとうございます。受付は2010/12/17の23:59分まで可能ですので、奮ってご参加ください。
参加は→12月19日 東京ライフハック研究会Vol.4

UPDATRE情報

立花さんの講演、ワーク内容、LT発表者。

■内容予告

1.立花 岳志さんの講演【UPDATE:2010/12/15】

No Second Lifeの立花 岳志さん(@ttachi)に講演頂きます!

講演タイトルは
「まだ間に合う!2011年のあなたを幸せにする手帳術 −アナログとデジタルの出会うところ− 」

に決定。詳しい内容は当日までの秘密と言うことで、スタッフもどんな内容か知らされていません! 乞うご期待です!

2.グループワーク【UPDATE:2010/12/15】

今回のグループワークは「架空の新商品プレゼン大会」
チームに分かれて
1.自分の手帳やデジタルガジェットの使い方を紹介
2.こんな商品(手帳、リフィル、アプリ)が欲しいをディスカッション
3.模造紙で発表資料を作成
4.各チームで代表者が発表
5.参加者全員で投票!

という流れになります。1位のチームには豪華賞品の他、
実現可能性に応じて、近々発足予定の東京ライフハック研究会ものづくり部で
商品化を検討致します! (作るモノによって完成目標は変動します)

ご参加頂く皆様には是非とも普段お使いの手帳やデジタルガジェットをお持ち下さい!
3.ライトニング・トーク【UPDATE:2010/12/15】

今回のテーマ「デジタル/アナログ手帳術」に関するライトニングトークを
以下の方々に行って頂きます!詳しい内容は当日までのお楽しみ♪

1.杏珠さん 2.齋藤元明さん 3.ヨシナさん4.田中信太朗さん

それでは皆様当日会場でお会い致しましょう!

12月19日 東京ライフハック研究会Vol.4

カテゴリー: 勉強会 | コメントは受け付けていません。

東京ライフハック研究会Vol4 2010年12月19日開催します

皆様こんにちは。東京ライフハック研究会スタッフのSayobs(Ray Matayoshi)です。

Ray Matayoshi

2010年の締めくくり

今日から師走。2010年も残り1ヶ月を切りました。東京ライフハック研究会も今年最後の会となります。テーマは手帳!

手帳

手帳と言えば紙の手帳を思い浮かべるかもしれませんが、スケジュール管理やタスク管理、メモといった手帳の機能の多くはPDAやスマートフォンでも代替できる時代になりました。手帳を使わなずにセルフマネジメントを行っている方もいらっしゃれば、今なお紙の手帳を使い続けている方もいらっしゃるでしょう。もしかすると、両方を上手く使い分けているハイブリッド派もおられるかもしれませんね。

今回はそういった多様な手帳術が一同に会し、自らの手帳術を振り返り、異なる考え方と触れあうことで更なる気づきを得られる様な会にしていきたいと考えています。来る2011年をより良く過ごすため、今年の締めくくりに手帳術を見つめなおしてみませんか?

こくちーずはこちらから。


■内容予告

1.立花 岳志さんの講演

No Second Lifeの立花 岳志さん(@ttachi)に講演頂きます!

詳しい内容は現在調整中ですが、前回LTを聞いた参加者の方々から「もっと立花さんの話が聞きたい!」という要望から実現した講演ですので乞うご期待です!(詳しい内容が決まり次第、Blog、コクチーズ、GoogleGroupの内容をアップデートいたします)

2.グループワーク

読書ワーク

デジタル手帳術術、アナログ手帳術、ハイブリッド型手帳術などなど、様々な考え方やテクニックを参加者間でシェアするワークを行います。前回好評だった全員で手を動かしたり、他のグループともシェアするワークを行いたいと考えておりますので、お楽しみに!(詳しい内容が決まり次第、Blog、コクチーズ、GoogleGroupの内容をアップデートいたします)


3.ライトニング・トーク

今回のテーマ「デジタル/アナログ手帳術」に関するライトニングトークを最大6名の方に行って頂きます!
(詳しい内容が決まり次第、Blog、コクチーズ、GoogleGroupの内容をアップデートいたします)


■設営を手伝って下さる方募集!

前回も多くの方に設営を手伝って頂き、とてもスムーズに会のスタートを行う事ができました。今回も設営のお手伝いを頂ける方を募集致しますので、お手伝い頂ける場合はこくちーずでのお申し込み時にその旨ご記載願い下さい

→設営時間は12時50分〜13時10分となります。


■LT発表者募集

LTの発表者を6名募集しております。前回同様、一人5分程度で発表を行って頂き、2分程度の質疑応答の時間を設ける形式となります。今回のテーマである「デジタル/アナログ手帳術」に関連したLTの発表をお願い致します。

LT発表者募集期限  12/10 23:59
LT資料の提出期限  12/15 23:59

→発表を希望される方はこくチーズでのお申し込みの段階でLT発表希望を選択して下さい。
追ってこちらから調整の連絡をさせて頂きます。
→申し込み後にやっぱりLTをやりたいと思った場合は、以下の宛先に
「お名前」、「発表テーマ」、「USTREAM中継の可否」を記載の上ご連絡下さい。

beck@lifehacklabs.com
kazumoto@lifehacklabs.com

■忘年会も同日開催!

忘年会も同日開催致します!

iPhone好きな人やライフハック好きな人達の忘年会! : ATND

懇親会ではありませんので、忘年会だけ参加というのも全然OKです。
東ラ研主催ですが、特にライフハッカー限定のイベントというわけでもありませんし、
これまで勉強会に参加された方という縛りをいれることも致しません。
楽しむことを第一に気軽にご参加頂ければ幸いです(^^)

時間:18:30〜21:30(予定)
参加費:4000円程度
定員:58名迄

2011年もみんなで楽しく頑張っていけるよう、盛大に今年を締めくくりましょう!

#忘年会の申し込みは勉強会とは別に上記リンク先のATNDで行っております。

懇親会ではありませんので、忘年会だけ参加というのも全然OKです。
東ラ研主催ですが、特にライフハッカー限定のイベントというわけでもありませんし、
これまで勉強会に参加された方という縛りをいれることも致しません。
楽しむことを第一に気軽にご参加頂ければ幸いです(^^)

時間:18:30〜21:30(予定)
参加費:4000円程度
定員:58名迄

2011年もみんなで楽しく頑張っていけるよう、盛大に今年を締めくくりましょう!※忘年会の申し込みは勉強会とは別に上記リンク先のATNDで行っております。

カテゴリー: 勉強会 | コメントは受け付けていません。

第二回 タスク管理分科会に寄せられたご感想、補足など


スタッフのヨシナです。

タスク管理分科会の参加者の方からご感想や補足を頂いてます。ありがとうございます。
今回はブログ記事を肴にして、会を振り返ってみたいと思います。

さゆきさん
カラダとココロのバランスを調整し、あなた【と】人生を加速させる鍼灸師の卵 さゆきBLOG
時間を制する者は、人生を制す。そのためのタスク管理。

僕にとってのタスク管理には、2つの意味合いがあります。
1つめは、人生をコントロールしている実感を得る。
もうひとつが、過去を振り返った時に「これだけのことをしてきたんだ」という実績を実感する。

「人生をコントロール」これは多かれ少なかれどなたにも必要なスキルです。そのスキルを補うためにタスク管理を実践されているさゆきさんは、正にタスク管理分科会のターゲットとしている人物像です。さゆきさんはどんな管理をされているのでしょう? 今後個人的にお話を伺ってみたいと思います。
「実績を実感する」ことで得た自信と反省は、将来の「人生をコントロール」の精度を高めてくれるのではないかと思います。きっとひとつ目とふたつ目がうまく機能しているときは、人生を謳歌しているときなのでしょう。ん〜すばらしいですね!

佐々木正悟さん
ライフハック心理学
スッキリ感を求めない

山あり、谷あり。そういう心理のもっていきかたも、あると思います。が、私は感情面でできるだけ平坦であり続けることを、どういうわけか理想としているところがあります。特に仕事ではそうです。

タスクシュートで事前に作ったリストは、できるだけ自然な行動を反映したものが事前に書かれたものであって欲しい、という点でした。

「できるだけ平坦であり続ける」ために「リストは、できるだけ自然な行動を反映したもの」を用意すると読み取れます。佐々木正悟さんは別の記事(か書籍)で、取り掛かりづらい仕事は取り掛かりやすい単位に細分化するとも仰っています。アスレチックのジオラマに自分そっくりの人形を置いてトコトコ進ませるためにはどんな仕掛けが必要なのか? この感覚をタスクのリストに反映し、取り掛かりづらい仕事でもごく自然に取り掛かり終わらせてしまえるという魔法のリスト、これは誰もが欲しがるものです。書いてある通りに行動できれば終わる、でも書いてある通りに行動できない(しずらい)、こんなお悩みを抱えていらっしゃる方は是非ライフハック心理学をチェックしてみてください。みなさんからご要望ありましたら、またゲストスピーカーとしてお呼びできればと思っています。

ヨシナ
447ブログ
ただのメモをタスクに変える手法
私が発表したライトニングトークの内容をアップした記事です。
忘れてはいけないことをメモする、これは割りと基本的なようで実は難しいことだと思います。メモを見返して思い出すことができたとしても、結局行動に移すことができなければ、「メモする」こと自体が意味のない行動に見えてくるからです。メモする=面倒だと感じてしまうと、間違いなくメモを取らなくなります。そしてメモを取らないことが原因で失敗するとまたメモを取るようになります。
こうしてまとめるととても滑稽な行動に見えますが、これが長い時間のサイクルで起こるとほとんどの方は気が付きません。忘れてしまったことすら忘れてしまうのです。

ひとみさん
Lifeハックs ~毎日が発見~
【東ラ研タスク管理分科会vol.2】にての感想☆

グループ形式でコミュニケーションをとれるような会で設定されていましたが、最後のあたりは、会場全体で意見が飛び交い、一体になって楽しんでる感じがしたのがとてもよかったなと思いました。

スタッフのひとみさんのご指摘はいつも的確です。私がどんなに会を振り返っても結局は私自身の主観が入ります。なので、何を基準として判断するか?と考えると、真っ先にひとみさんをはじめスタッフの顔が浮かびます。(正確にはTwitterアイコンの方もいますがw)ひとみさんが「とてもよかった」と感じているならとてもよかったのでしょう。ならば、私たちスタッフは「会場全体で意見が飛び交い、一体になって楽しんでる感じ」がどうして発生したのか?その歯車を見つけるべきなのでしょう。次回開催も準備等よろしくお願いします!

カテゴリー: 勉強会 | 1件のコメント

東京ライフハック研究会Vol3開催しました。

皆様こんにちは。東京ライフハック研究会スタッフのSayobs(Ray Matayoshi)です。

Ray Matayoshi

去る11/6(土)、東京ライフハック研究会Vol3が開催致しました。ご参加くださったのは20名のライフハッカー、前回より人数は少なかったのですが濃い勉強になりました。

初めてご参加された方も6名いらっしゃいましたが、みなさん積極的に会にご参加されていました。

東京ライフハック研究会Vol3

@beck1240さんによる開会の挨拶

1.KIKUCHIさんのご講演

菊池さんの初めてとは思えない落ち着いたご講演。菊池さんの読書への情熱と時間のないビジネスマンでも本を活用する方法をたっぷり教えて頂きました。ご参加者の皆さんも興味深さそうに頷きながら菊池さんのご講演を聞いていました。

ポイント

  • 情報は世の中に溢れている。情報の渦の中から良質な情報を得る。
  • 忙しいサラリーマンの本を読める時間は限られれている。多読ではなく自分にあった激選された本を読む。
  • メンターから学ぶ読書
  • 菊池さんのエクセルのマクロで厳選された本。
  • マインドマップでアウトプット。

2.ワーク

今回のグループワークは前回に引き続きさゆきさんを迎え、東ラ研の原点ともいえるワーク&シェアに立ち返った「読書術共有ワーク」を行いました。

ワーク

さゆきさんの濃いワーク内容。中々説明の難しいワークだったのですが、我らがトミーさんのリラックマの活用方法の実演でみなさん理解をされていたようです。

途中マシンのトラブルがありましたが、さゆきさん頑張りました!!

トミーさんの実演の様子。リラックマとトミーさん、ほのぼのしました★

tommy

今回のアウトプットはプレゼンではなくグループワーク「みんなで作る読書術マップ」を行いました。

みんなでワイワイ読書術、包装紙にポストイットでグループワーク 読前、読中、読後を書いて頂きました。

ワーク1

5名の方にLTをして頂いてきました

三浦さん オススメしないオススメ

他の方とは切り口の違うLTでした。漫画にフォーカスをあてて、あえてオススメ本をオススメしない読書のお話しをして頂きました。

明石さん

読書をしたいが、読書をできない。それなならタスクに落とし込めば良いじゃなか。具体的にどのようにタスク管理するかはタスク分科会にご参加くださいとの事でした(笑)

立花さん

ブログ No Second Lifeの立花さん 実際に25キロダイエットを成功させた立花さんの成功実現読書方をご披露くださいました。

杏珠さん

3段階の読書法。プロデザイナーの杏珠さん。スライドもさすがデザイナーさん、秀逸なエフェクト満載でした。

LTのUstreamはこちら!

当日の様子やLTの様子を記事にしてくださったBLOGを
ご紹介致します。是非皆さん覗いてみて下さいね♪

東京ライフハック研究会BLOG | 仕事術をもっとカジュアルに!この記事のはてな被ブックマーク数

東京ライフハック研究会vol.3に参加してきました。 | BOOK MARK

東京ライフハック研究会Vol3で再確認した僕にとっての東ラ研 #tokyohack #tokyohack003 | Hacks for Creative Life!この記事のはてな被ブックマーク数

Design × Lifehack × CrossOver Lab – 【デラ研レポート】東京ライフハック研究会vol.3が終了しました。Ustream放送の裏側(前編)&LTについてのハナシ #tokyohack003 #tokyohackこの記事のはてな被ブックマーク数

Design × Lifehack × CrossOver Lab – 【デラ研レポート】東京ライフハック研究会vol.3、Ustream放送の裏側(第二回)のハナシ #tokyohack003 #tokyohackこの記事のはてな被ブックマーク数

次回の東京ライフハック研究会V0l4を2011年1月を予定しています。次のテーマは手帳術?! 乞うご期待ください!

カテゴリー: 勉強会 | 1件のコメント

タスク管理分科会 第二回を開催しました


スタッフのヨシナです。

タスク管理分科会 第二回を渋谷で開催いたしました。
お集まり頂いた参加者のみなさん、そして一生懸命準備されてきたスタッフのみなさん、ありがとうございました。おかげ様で今回もとても盛り上がり大成功と言っても良いのではないかと思います。
簡単に会を振り返ってみましょう。

佐々木正悟さんゲストスピーク
ご自身のモチベーションをかなり意識したタスク管理法でしたね。やる気のでやすい時間帯に多くのタスクを入れる、効率の良い時間帯に仕事の予定をパンパンに入れるという方法は、かなり自然な方法ではないかと思います。
また時間の見積る4つのパターンについてお話頂きました。「たぶん30分くらい」という感覚的な見積りをどのように正確な見積りとするか?という問題に4回行動した平均時間を取るという方法で解決されているというお話でした。これを書いていて気がついたのですが、頭脳労働者で毎日全く同じ仕事をしている方は稀だと思います。だから対策を立てないと、いつまで経ってもはじめてやる仕事になってしまうのですね。当然はじめてやる仕事は時間の見積りが感覚的なものになります。一見異なる仕事から共通点を見つけて過去かかった時間をいかに現在の見積りの参考にするのかがポイントなのではないかと思いました。

モヨリさんのライトニングトーク
モヨリさんからは、Nozbeを紹介して頂きました。
EvernoteとGoogleカレンダーと同期が取れるこのシステムは、行動と資料とスケジュールを管理できるのですね。またNozbeの共有機能を使って、職場でタスクを共有し各担当の作業ボリュームを見える化し均一化したいと仰ってました。うまく行きましたらそのノウハウを是非教えていただきたいと思います。

ひとみさんのライトニングトーク
ひとみさんからは、改造版タスクシュートを紹介して頂きました。
月ルーチンのお仕事が多いという特性からタスクシュートを一ヶ月単位に改造しているという、いかにもライフハッカーな使い方でした。この改造版タスクシュートは内勤の方にオススメだそうです。タスクシュートは、仕事の実績時間が自然と蓄積していきますので、しばらく使っているとご自身の作業ペースがわかってくるかと思います。つまりタスクシュートは、何時何分に帰宅できるか即座にわかるツールなんですね。

ヨシナのライトニングトーク
私からは、ただのメモをタスクに変える手法を紹介しました。
冷蔵庫のホワイトボードに書かれた「結婚記念日はマツタケ」という奥さんのメモ書き。これを実現するために行動しやすくする方法について紹介しました。タスク管理には、誰でもできる、しかし誰もがハマってしまうポイントがあります。行動しやすくするにはちょっとしたコツが必要なのです。

とても盛り上がったグループワーク
タスク管理の手法について、ディスカッションしました。私の座るテーブルでは、「いつかやりたいこと」をどのような手法で管理するか?という、かなり高度な話になりました。っといいますのも、メンバーがすごい方ばかり、ゲストスピーカーの佐々木さん、GTDと七つの習慣を使いこなす三浦さん、iPhone朝食会を主宰されている福島さん、そしてそろそろ人生の半分くらいの期間タスク管理をしている私。座席はくじ引きで決めていますので、私はかなり運が良かったのではないかと思っています。

「いつかやりたいこと」リストと行動するリストは分けるという意見が多数でした。理由はそれぞれでしたが、まとめると純粋に行動することだけまとまっていたほうが行動しやすいという意見でした。私は分けない派だったのですが、「いつかやりたいこと」をできるだけ行動に移したいという思いからあえて分けていません。総括するとみなさんご自身の理想のタスク管理を実現しやすいシステムで管理されているという印象でした。色々なシステムを試して自分に合うかを試行錯誤されているのですね。iPhone&Toodledoを使っているという点では4名とも共通でした。
グループワークの締めくくりには各テーブルの代表がまとめを発表し、隣のテーブルのちょっとイイ話を拾えるようにしました。この時間は、各テーブルの代表に色々な質問が飛び交い、会場がひとつになったような雰囲気になりましたね。

カテゴリー: 勉強会 | コメントは受け付けていません。

東京ライフハック研究会Vol3の講演、ワーク、LTの詳細

皆様こんにちは。東京ライフハック研究会スタッフのSayobs(Ray Matayoshi)です。

Ray Matayoshi

東京ライフハック研究会Vol3の講演、ワークそしてLTの内容が決定致しましたので、告知致します!

■内容予告

1.KIKUCHIさんの講演【UPDATE:2010/11/03】

■Kikuchiさんについて■

東京ライフハック研究会スタッフでもあるKikuchiさんは、かの有名な読書会「リーラボ」のメンバーであり、日経Associeなどの雑誌にも取材される程のスキルを持つ読書の達人です。今回はその「Kikuchi流読書術」とも言える”濃い”読書術について講演頂きますので、乞うご期待!

■講演内容■
『戦略的読書によるLIFE STRATETGY』

Kikuchiさんの講演の最大のポイントは「読む本の質を高める」です。本を選ぶときに戦略的に本を選ぶことで読む本の質を高め、それらを「蓄積型読書術」でしっかりと経験値に変えていく、その”考え方””具体的な方法論”は圧巻の一言に尽きます。内容のほんの一部をチラ見せしておくと・・

  • 緊急度・重要度・メンターの3軸で絞り込み
  • リアル書店での本との出会い方
  • 三段階マーカーの使い分け
  • 問題を中心にしたマインドマップ作成
  • 良書と出会う確率を高める蔵書分析

・・・など、Kikuchiさん曰く「普段アウトプットや問題解決の為に読書をしているから、実は読んだ本の内容をどう活用すればいいか悩んだことないんですよね。」といわれるその徹底的にアウトプット志向な読書術を20分の中で語り尽くして頂きます!


2.グループワーク【UPDATE:2010/11/03】

読書ワーク

今回のグループワークは前回に引き続きさゆきさんを迎え、東ラ研の原点ともいえるワーク&シェアに立ち返った「読書術共有ワーク」を行いたいと思います。
「共有する読書術なんてもってないよー」と不安を持たれた方もご安心を!あなたなりの読書術を掘り起こすための個人ワークをご用意致しました!また、今回のアウトプットはプレゼンではなくグループワークを行います題して「みんなで作る読書術マップ」。みんなでワイワイ読書術をシェアしましょう!
今回はきっとあなたにぴったりの読書術、あなたの読書術を進化させる読書ハックに出会えるはず!


3.ライトニング・トーク【UPDATE:2010/11/03】

LT 東京ライフハック研究会

今回は4名の方に参加を表明頂きました。既にスライドも受け取っているのですが・・・どの発表内容もとても面白そうです!今回4名と発表者も少なめなので、いつもよりも質疑応答の時間を長く取れそうです。是非活発な議論を作っていきましょう!

  • 立花さん 成功実現読書
  • 明石さん 読書のタスク管理
  • 杏珠さん 本を読み返したくなるシステム作り〜アレをつかってとか〜
  • 三浦さん 内容調整中!

まだまだ参加者募集中です。2010年11月04日 23時59分まで。

申し込みページはこちらから

カテゴリー: 勉強会 | 2件のコメント

11/3開催 タスク管理分科会Vol2 の詳細について

前回お伝えできなかった詳細について、この記事でお知らせします。
4つのポイントがあります。興味をお持ちになられたら、是非ご参加ください!
お申込みページはこちらです。
 
■今回のテーマは「タスク管理の手法」
私は今まで個人的な興味からたくさんのタスカー(タスク管理を実践している方)の方からお話を伺ってきました。この話の中で必ずといいほど話題に挙がるのが「タスク管理の手法」についてです。
GTDなどのフレームワーク、ほぼ日手帳やモレスキン、ToodledoやOmniFocusなどなど、タスカーご自身の苦労と工夫を重ねた手法についての話は、いつも時間を忘れて盛り上がってしまいますね。最近はiPhoneなどスマートフォンがかなり便利になってきていますので、デジタルで管理したほうが良さそうな日常的な部分と従来通りアナログで管理をしたほうが良さそうなイベント的な部分の境目が特にみなさん工夫されている点かと勝手に想像しています。
世の中にタスクを管理する手法はたくさんあります。そしてご自身の環境(職場・家庭など)で色々な制限があります。その中であなたがどんな手法を選択しているのか? 今回はこの話題で大いに盛り上がりましょう!
 
■ゲストスピーカーに心理学ジャーナリストの佐々木正悟さん
ゲストスピーカーは、心理学ジャーナリストであり、ブログ「ライフハック心理学」でお馴染みの佐々木正悟さんをお招き致します。著書に「iPhone情報整理術」「スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術」などなど仕事術に関する書籍、本日発売の「ライフハック心理学」や「いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法」など仕事や行動に対する心理学的アプローチに関する書籍があります。またタスク管理の達人でもあります。つい最近のブログ記事「時間とタスクのデザイン」は、タスク管理に悩める方々の大きな気付きになるでしょう。
佐々木正悟さんにはご自身の「タスク管理の手法」についてお話をお伺いしたいと思います。もちろん質問の時間も設けていますので、タスク管理のお悩みをご相談されてはいかがかと思います。
個人的には、分単位で時間を管理されているかなりきちっとした部分、気分や調子で臨機応変に変更できるゆるい部分、このきちっとしてゆるいタスク管理の手法について興味があります。成果を上げつつストレスを減らすひとつの答えだと思うからです。
 
■参加者同士で学び合えるグループワーク
グループワークでは思う存分みなさんの「タスク管理の手法」をディカッションして頂ければと思います。同じテーブルに着席されている方同士、つまり少人数に分かれて実施しますので話はどんどん濃い方向に向かっていきます。ワークの終わりにグループ毎のまとめを設け、参加者全員で共有する時間を設けますので「お隣グループのちょっとイイ話」も拾えます。また懇親会を用意していますので、このグループワークの時間にもっと深い話を聞いてみたい方を見つけるのも、ひとつの楽しみ方ではないかと思います。
 
■参加者によるライトニングトーク(ミニプレゼン)も募集
前回と同様もちろんライトニングトークもあります。ライトニングトークとは参加者による5分間限定のミニプレゼンです。ルールはプレゼン開始後5分経ったら途中でも終わり、これだけです。
資料の作成や5分で話をまとめるのは少し大変な作業ですが、ご自身の積み重ねを人に伝えること、これはとても楽しい経験になるはずです。勉強会のプレゼンが仕事でのプレゼンと大きく違うのは、前に立った瞬間に他の参加者のみなさんから応援して頂けることです。一生懸命やって仮に時間切れで終わってしまっても、大きな拍手で終わります。それは聞き手がプレゼンターへの挑戦や熱意に敬意を評している証です。何の心配もありません。よろしかったら、「LT資料を作成する」をあなたのタスクリストに加えてください。もちろんその前に「参加を申し込む@こくチーズ」もですよ(笑)
 
参加者のほとんどの方はタスク管理を実践している方です。一定の効果を得つつも、もっと効果を上げたいというある意味「欲張り」な方たちだと思ってます(笑)実は私自身もその一人です。
当日は一緒に悩みを共有し、大いに学びましょう!
お申込みページはこちらです。
カテゴリー: 勉強会 | コメントは受け付けていません。

タスク管理分科会Vol2を11/3(水)に開催します

この会を楽しみに待ってくださった方、たいへんお待たせしました。
Vol2を11/3(水)文化の日@渋谷で開催します。
申し込みページはこちらです。

ライフハックの中でも極めて実用的な部類に入る「タスク管理」、この勉強会は仕事やプライベートで成果を上げるための方法、失敗しがちなポイント、そして実践方法やツールなど、これらに注目し参加者同士楽しく情報共有できる場です。

■今回のテーマは「タスク管理の手法」について
■ゲストスピーカーに心理学ジャーナリストの佐々木正悟さん
■参加者同士で学び合えるグループワーク
■参加者によるライトニングトーク(ミニプレゼン)も募集

タスク管理分科会は、参加者主体の勉強会です。特にグループワークでは、各参加者全員が発表する時間を設けてます。他の参加者からいいね!と言われたり、フィードバックを貰ったり、また声に出して発表することで自分の意外な一面に気がつくこともあるでしょう。

さらにもっと発表したい!という方は、ライトニングトークの時間も設けています。
ライトニングトークは5分限定のミニプレゼンです。あなたのタスク管理法について是非教えてください。こちらは人数制限を設けていますので、早く申し込んだ方から順になります。
申し込みページでライトニングトーク「希望する」をお選びください。後日こちらから資料の受け渡しなど、ご案内メールを送付します。

今回始めて参加をご検討される方、Vol1の参加者のブログをまとめた記事がこちらにあります。
タスク管理分科会 第一回を開催しました
是非参加者のご感想をお読みになって、会の雰囲気や熱気を感じてください。

スタッフ一同みなさんのご参加をお待ちしております。
申し込みページはこちらです。定員制ですので、お申込みはお早めに。

会の詳細がわからないと参加しづらいという方もいらっしゃるかと思います。次回は、詳細についてお知らせします。

カテゴリー: 勉強会 | 1件のコメント